コラム パパ活体験談

パパ活の危険性とその対策

現在の私は、決まったパパ達と、とても良好な関係を築いているのですが、過去には酷いおじさんも居たので、これからパパ活をやってみようと考えている人が、同じような目にあわないように注意喚起として体験談を書いてみようと思います。

 

ミヒロ(心の声)

正直思い出すだけでも腹が立ちますが・・・(笑)

 

こんな酷いパパとのパパ活事例

 

酷いパパその① 会計バックレ

パパ活をしている女の子たちで話すと必ず話題に出るのが、会計バックレオヤジです。

 

意味はそのままで、食事が終わったころに、「ちょっと会社から電話が来たからごめん」などと言って店の外に出たまま帰ってしまう事です。

 

どうやら最初からそのつもりでやっている常習犯オヤジがいるようで、同じ目にあった女の子は多数存在します。

 

ミヒロ
これをやられるとなかなか防ぎようがないのですが、基本的な対策としては以下になります。

 

まず、初対面のパパ候補と会う場合は、以下のように話します。

 

実は、以前あった初対面の男性が食事の途中で帰ってしまい、自分も手持ちのお金が無くてとても困ったことがあります。ですから、初対面の男性と食事に行く場合は先にお小遣いをお願いしているのですが大丈夫ですか?

 

これに対して、「それは酷い話だね。私はもちろん帰ったりしないけど安心できるように、先にお小遣いあげるね

と言ってくれるようであれば、良パパの可能性が高いです。

 

ミヒロ
そこで嫌がるようならさっさと帰りましょう。

 

これと似たような話として、「月極したのに払わないパパ」と言うケースもあります。

 

月極契約したのに、初回の支払いを最初にしてくれないパパは、確実に詐欺なので注意してください。本気で月極してくれるパパは必ず初回分は先に払ってくれます。これは確実です。

 

ミヒロ
パパ活の相場について以下の記事を参考にしてください

▶パパ活サイトの相場がえぐい ~みんなが稼いでいるサイトはここ!~

 

酷いパパその② 泥酔狙い(睡眠薬)

これもかなり多いのですが、とにかく飲ませようとするオヤジです。泥酔させて持ち帰ろうとしているのが見え見えで、とても疲れます。私はお酒が強いので、大抵オヤジの方が先に潰れますけどね(笑)

 

とは言え、まだ飲ませようとするくらいなら可愛いもので、酷いオヤジになるとお酒に睡眠薬を入れたりする犯罪者も居るので注意が必要です。

 

特に初対面で信用できない相手の前で、トイレに行くなど席を外す場合は、必ずお酒を飲み切ってから立つようにしましょう。

 

また、戻ってきたら新しいお酒が頼んであった場合は、「美味しいからちょっと飲んでみて?」とオヤジにも飲ませて反応を見るか、「このお酒ちょっと苦手だから別の頼んでいい?」と言ってチェンジしておきましょう。

 

酷いパパその③ 盗撮

私が実際にあったのは、「スタイルも見たいし、脚が綺麗な女性が好きなので当日はミニスカートで来てくれると嬉しい」などと言われ、実際に会って食事をしたのですが、テーブルの下に置いてあるバッグで盗撮されていたという事件です。

 

どうやら常習犯の様ですね。テーブルクロスで隠せる店を事前にチェックして毎回そこで盗撮をしているようです。

 

私はその程度でしたが、「体アリ」の付き合いをしている女の子で、セックスを盗撮されて、その動画をばらまくぞと脅されたという話も聞きます。このような場合は、迷わずに警察に相談するようにしましょう。

 

酷いパパその④ 窃盗

これも「体アリ」の子から聞いた話ですが、ホテルで終わった後にシャワーを浴びて出てきたら、男が居なくなっていて、しかたなく会計して出ようとしたら財布の中身が抜かれていたという完全な犯罪です。

 

この他にも監禁されたり、本当の犯罪話を聞くのはほとんど「体アリ」でパパ活している子達なので、体の関係は無しのパパ活を強くお勧めします。そもそも体アリってパパ活じゃなくて売春か愛人ですからね・・・

 

この様な被害にあった子は、自分もパパ活で後ろめたいという気持ちが働いて、泣き寝入りするケースがほとんどですが、犯罪者もそれを狙って行っているので、必ず警察に被害届を出すようしましょう。

 

ハズレパパの特徴まとめ

ここからは、酷いパパに捕まらないように、ハズレパパの特徴を書いていこうと思います。複数当てはまるようであれば、会うのは止めておきましょう。

 

①待ち合わせがファミレス

初回の待ち合わせにファミレスを選ぶようなパパは期待できません。雰囲気の良いカフェかレストラン、ホテルのラウンジなどを指定してくれるような男性を選びましょう。

 

②最初からドライブデートを要求してくる

そもそも初回から密室空間は辛いですが、それを要求してくるような男性はいきなりホテルに連れ込んだりするリスク高めです。カラオケや漫画喫茶に誘う男性もいますが同じです。

必ず初回は、周りも人が居る場所で会うようにしましょう。

 

③女なら誰でも良い感じが漏れている

会う前にやり取りしている際に、相手の容姿や年齢をあまり気にしない男性は逆に要注意です。女なら何でもよいタイプか、騙そうとしている詐欺師の可能性が高いです。

良いパパは相手にもそれなりのレベルを要求してきます。

 

④言葉遣いが乱暴

言葉遣いが乱暴だったり、やたらと上から目線の言動が目立つ場合は止めておきましょう。怖い思いをすることになります。

 

⑤会う前からやたらと高額な提示をしてくる

会ってもいないのに、高額な提示をしてくる場合も注意が必要です。詐欺師の可能性が高いので、どうしても会うのであれば、周りに人が居る場所で会い、先払いを要求しましょう。

 

⑥お手当を振り込みで行おうとする

現金ではなく振り込みで渡そうとするパパは基本的にはやめておきましょう。よくある騙し手口として「自分の会社から振り込んで経費にしたいから」などと言いながら、実際には一切振り込まれないケースです。

振り込みは履歴が残るので、受け取る側にも税務上のリスクもありますし、断りましょう。

 

危険度の高いパパを探す場所

パパを探す場所によっても、ハズレ(詐欺師)パパの割合はかなり変わってきます。

 

出来るだけリスクの少ない場所でパパを探しましょう。

 

最も危険なのはSNSでのパパ活

パパ活でひどい被害にあった女性の大半はSNSでパパ活を行った女性たちです。

 

その中でももっとも酷いのがツイッターを利用したパパ活です。

 

ツイッターアカウントでパパ活をすると、やり逃げパパだけではなく、財布からお金を盗むような犯罪者たちから、大量のDMが届くことになります。

 

ミヒロ
絶対にSNSでパパ活を行わないようにしましょう。

 

パパ活専門アプリ・サイトも辞めておこう

最近増えているのがパパ活専門のマッチングアプリなどです。ですが実際に使ってみた感想としては、貧乏パパばかりで使えませんでした。

 

そもそも、このようなサイトに登録しているパパ候補は、お金払って若い事食事行きたいとかセックスしたいと思って登録している訳なので、良パパの可能性は低いことになります。

 

本当に良パパになる人は、結果パパになるだけで、最初からパパになりたくて興奮している人じゃないという事です(笑)

 

やはり現状はJメールでパパ活一択

 

となると、どこでパパ活するのか、という事ですが、現状Jメールでパパ活するのが間違いないと断言できます。

 

Jメールに登録すると分かりますが、「手伝えますよ」みたいなパパ立候補からのメッセージが大量に届きます。

 

ですが、このような男性はパパ活専門アプリと同じく、最初からパパ希望男性なので、あまり良い条件は見込めないでしょう。

 

コツは、自分でプロフィール検索して出てくる余裕のある大人の男性に自分からメッセージを送ることです。

 

もちろん、そのやり取り中に「ちょっと違うな」と思ったら別の男性にしましょう。そうやって、お金と暇があって何となく登録している富裕層を捕まえるのです。こういう男性はたいていの場合積極的ではないので、女性から声をかける必要があります。その代わり、実際に会うところまで行けば、良パパになってくれる可能性大です。

 

まずは、Jメールに登録して(女性は完全無料です)男性のプロフィール検索をしてみください。

 

プロフィール見てもよく分からない場合は、自分で日記を書いてみるのも良いですね。

 

ミヒロ
「都内のグランメゾン全部制覇してみたい」のような、富裕層で尚且つ品のある人しか行かないような場所を書いて、コメントくれた人とやり取りするのも良い方法です。

 

18歳未満利用禁止

 

 

パパ活の危険性とその対策 まとめ

今回はパパ活のちょっと嫌な部分危険性について色々書いてみました。先ほども言いましたが、リスクは体の関係の有無によって大幅に変わってきます。

 

私としては体の関係アリで「パパ活」という単語を使っている時点で正直腹立たしいのですが・・

 

良パパに出会ったことがないと、体の関係なしではパパ活が成立しないと思ってしまうのかもしれませんね。

 

ミヒロ
そういったことも含めて今回の内容を参考にして、体ナシの良好なパパ活関係を築いてもらえると嬉しいです。

-コラム, パパ活体験談