コラム

ギャラ飲みとパパ活の違い。どっちが稼げるの?

最近「ギャラ飲み」って言葉を目にすることが多くなり、やってみようか迷っている女の子が多いと思ったので、ちょっとギャラ飲みについて書いてみます。

 

パパ活と同じようなものと、考えている子が意外と多いですが、実は全く違うので、その辺も説明していきます。

 

ミヒロ
ギャラ飲みで稼ぐ裏ワザなんかもあるので、期待してください。

 

そもそもギャラ飲みって何?

 

ギャラ飲みとはその名の通り、飲み会などに女の子が参加して、その謝礼としてお金を貰う事です。

 

これは昔から普通にあることで、直接お金を渡すと何となく嫌らしい感じがするから、あくまで「タクシー代」として数万円渡すなんてことが行われていました。

 

タク代2万出すから女の子数人集めてくれない?」なんていうのが、それですね。

 

ギャラ飲みと言う言葉が定着したのは、テレビで取り上げられたことと、ギャラ飲み専用アプリが出現したことによるでしょう。

 

ミヒロ
アプリが登場したことにより、そのアプリに登録すれば、誰でもギャラ飲みで稼ぐことが出来るようになったので、お手軽バイト感覚で始める人が増えたのだと思います。

 

 

ギャラ飲みアプリは何があるの?

 

ギャラ飲みアプリですが、有名なところとして以下があります。

 

★pato
★ライオンプロジェクト
★plum
★Cheers

 

一番登録者が多いのは、patoですかね。登録者の内かなりの割合でキャバとかガールズバー経験者だと思います。

 

後で話しますが、キャラ飲みアプリはオススメしないので、あえて詳しい中身については言及しません。

 

ミヒロ
どうしても使うならオススメの裏ワザがあるので、是非読み進めてください。

 

 

ギャラ飲みアプリに登録したら稼げるの?

ギャラ飲みアプリで稼げるかについてですが、「都会で頑張れば稼げる」のは確かです。

 

もちろん、容姿がある程度良くないと難しいですが、時給5000円程度は普通に狙えます。

 

キャバクラよりギャラ飲みの方が稼げたという子も実際にいました。

 

ミヒロ
ただし、「数時間飲み会に付き合うだけだから、楽そう」思ったのなら注意です。

 

 

ギャラ飲みは、フリーのキャバ嬢だと考えよう

キャバクラは指名取らないとキツイから、ギャラ飲みで稼ぐって子が、実際に居ました。

 

でも、ギャラ飲みをやってみると、毎回初めての相手の所に派遣されて、場を盛り上げなきゃいけません。

 

ミヒロ
良い人も居れば、嫌な人も居ます。 当然緊張もストレスもあります。

 

キャバ嬢やった子なら分かると思いますが、他の子指名の痛客にヘルプで着く感じです。

 

ミヒロ(心の声)
「キャバクラはお店が儲けを取っちゃうから」とも言いますが、実はギャラ飲みアプリも、2割以上の手数料を抜いています。

 

お店と違って、仕事の後に誘う事も、連絡先を交換することも、誰も管理していません。

 

ですから、しつこい相手に当たってしまうと、相当大変だと良く聞きます。

 

当然お酒の場ですから、泥酔して触られまくったとしても、黒服が居るわけでは無いので助けてもらえません。

 

ミヒロ
キャバクラを出禁になった人が、ギャラ飲みしているという話も聞きました。

 

ホテルに強引に誘われることなんて日常茶飯事です。

 

もちろん、会社の飲み会等に華として呼ばれるだけで、本当に楽なギャラ飲みがあるのも事実です。

 

ミヒロ
ですが、「簡単に稼げる」という事は絶対にないので、覚悟は必要です。

 

 

ギャラ飲みを使った裏ワザで稼ぐ方法

ここまで説明した通り、ギャラ飲みは結構ストレスフルな仕事です。

 

ミヒロ
良い人も中には居ますが、大半は嫌な客だと思ってください。

 

毎回、「初めまして」から始まるのも、緊張しますし疲れますよね。

 

とは言え、どうしても「ギャラ飲みで稼ぎたい!」という人も居ると思うので、実際にギャラ飲みで稼いでいる人たちから聞いた、裏ワザをご紹介しておきます。

 

まず、ギャラ飲みでセッティングされたら、その相手を自分なりに評価します。

 

そして、「この人ならもう一度呼ばれたら楽しいしありだな」と思った客だけに連絡先を渡していきます。

 

その際に「アプリだと抜かれて高くなっちゃうし、融通が利かないから、もし良かったら直接連絡くださいね」と伝えていきます。

 

気に入った客だけに、これを繰り返せば、自分だけの「良客リスト」が作れるようになります。

 

ミヒロ(心の声)
このリストが増えれば、ギャラ飲みで嫌な奴に当たるリスクもなくなりますし、手数料が無い分稼ぎも増えます。

 

コツとしては、「5人用意できるかな?」などの依頼に対応できるように、ギャラ飲みできる女の子の仲間を作っておくことです。

 

ミヒロ
私のキャバ嬢仲間は、この方法で相当な額を稼いでいます。

 

これが出来れば、ギャラ飲みのデメリットはほとんど排除できるのでオススメです。

 

難点としては、「良客リスト」が作れるまでは、糞客の相手をしなければいけない点ですかね。

 

酷い客が結構多いので、リストが作れる前に心が折れてしまう可能性も結構あります。

 

ギャラ飲みの場合完全に時給なので、途中で帰りにくいところが、ストレスを生みますね。

 

なので、どうしてもギャラ飲みで稼ぎたいのであれば、良客集まるまでは我慢して頑張るしかありません。

 

ミヒロ
私としては、そこまでの我慢をするのであれば、ここから説明しますが、断然パパ活をオススメします。

 

 

ギャラ飲みとパパ活の違いについて

ギャラ飲みとパパ活を同じような事だと考えている人は意外と多いようです。

 

ですが、実際にパパ活している私からすると、全く別物と言い切れます。

 

ミヒロ
強いて言うなら、良いパパを探している期間だけは「ギャラ飲み」に近いかもしれません。

 

とは言え、あくまで良いパパを探している訳ですから、横暴な人とか、泥酔するような人は、途中で帰ってしまいます。

 

ですから、ギャラ飲みのように、時間までは我慢しなければいけないといったことはありません。

 

結果、自分と合うパパが見つかったら、それ以降は全く仕事と言う感覚ではありません。

 

ミヒロ(心の声)
ギャラ飲みが、仕事なら、パパ活は「友達との飲み会」の方が近い感覚です。

 

私にとってパパとの食事は、一切ストレスなんてありませんし、いつも色々な話を聞けて本心から楽しみなのです。

 

逆に言うと、楽しくなくてストレスだと感じた場合は、そのパパは切ってしまって終わりです。

 

ミヒロ
これはお金の問題ではないので、いくら太いパパだとしても、ストレスなら即切ります。

 

パパ活と言う言葉が一般的になったのか、「女の子と仲良く食事をしたい」と思ってくれる男性はとても増えました。

 

ですから、嫌なおじさんと小遣いを貰うために我慢するようなパパ活なんてありえません。

 

ですが、ギャラ飲みとなるとどうしても、初対面の相手との飲み会になるため、毎回楽しく終るとは限りません。

むしろ辛い事の方が多いはずです。

 

ギャラ飲みで毎回女の子を呼ぶ男性の事をイメージしてください。

 

良いパパになれるような素敵な男性であれば、ギャラ飲みアプリなんて使わなくても、女の子は集められるはずです。

 

つまり、そういうことです。

 

ミヒロ
ギャラ飲みする位なら、お店がある程度守ってくれる水商売の方が良いのではないかと個人的には思います。

 

 

ギャラ飲みで稼ぐなら絶対にパパ活がオススメ

そんなこと言っても、パパなんて簡単に見つからないよ

 

そう思うかもしれません。確かに、ギャラ飲みのように勝手に相手がセッティングされるわけでは無く、自分で探さなければならないことは確かです。

 

ですが、その結果良いパパを見つければ、ストレスからもお金の心配からも解放されます。

 

ミヒロ
一ヶ月くらいかけて、ゆっくりと良パパを探してみてください。

 

きっと色々なストレスから解放されることでしょう。

 

少なくとも私はすべてのストレスから解放されています。

 

 

ギャラ飲みは客、パパ活は対等な関係

ギャラ飲みは、初対面ですし、完全に「お客さん」ですよね。

ですから、横暴な人も多くなります。

 

 

ミヒロ(心の声)

「こっちは金を払ってるんだから、少しくらい触らせろ」なんてことも普通に言われます。

 

水商売の女性を完全に下に見ている男性も多いので、金払えば何でもできると勘違いしがちです。

 

客の男性が一番の問題なのは間違いありませんが、意外と女の子の方も「こんなに使ってもらったんだから我慢しなきゃ」なんて考える子が多いです。

 

それに対してパパ活は完全に対等な関係です。

 

対等な関係が築けない男性とは私はパパ活をしません。

 

もちろん男性に対して「この子と楽しく食事が出来て、可愛いし本当に楽しかったな」と感じてもらえるように努力はします。

 

「楽しい」と感じてもらえる対価としてお金を貰っている訳なので、どちらが上とか下とかはありません。

 

どちらかが、楽しさやメリットを感じられないのであれば、即終わりになります。

 

とは言え、正直に言うと今の私のパパ達はみんな結構長く、人間的に尊敬できる人たちばかりです。

 

もし、何かあって破産してしまったとしても、たまには食事に行くかもしれません。

 

ミヒロ(心の声)
「お金が絡まなくても、たまには会いたいな」と思えるようなパパを作れると本当に幸せです。

 

今、キャバクラで苦しんでいる子や(私も以前キャバ嬢だったので分かります)ギャラ飲みで怖い思いをしている子は、一度パパ活も検討してみてください。

 

パパ活のやり方については、以下で詳しく説明しています。特にパパ捜しに関しては、ギャラ飲みと同じく危険も多いですから、キチンと理解して慎重に進めてください。

 

▶パパ活募集サイト・アプリの選び方と効果的なメッセージ実践マニュアル

 

もし、分からない事や悩んでいることがあれば、遠慮せずに一番下からコメント貰えれば返事を書きます。

 

キャバクラの痛客地獄を味わった私ですから、相談にも乗れると思いますし、今は本当に幸せなパパ活生活をしているので、パパの見分け方等でもアドバイスできると思います。

 

-コラム